前へ
次へ

日本もかつてはマラリアがあった?

青山の不動産の賃貸借契約を結ぶ際には、重要事項説明書を確認するということが大切となります。重要事項説明書というのは、賃貸借の対象となる物件の、物件概要や契約内容が詳しく記載された書類のことを言います。重要事項説明書は通常、青山の不動産の賃貸借契約を結ぶ前に、宅地建物取引主任者の資格を持った担当者から交付され、説明を受けることとなります。この時担当者は、主任者証を明示するということが義務付けられています。重要事項説明書にはさまざまなチェック項目がありますが、とくに更新が不可能となっている定期借家契約の場合は、しっかりと確認しておくことが大切となります。基本的に契約期間の満了によって契約終了になるということを、理解しておくことが重要となります。

top用置換

top用置換2
Page Top